Posted by at

2017年12月29日

レザージャケットの加工法と合わせ方

レザージャケットは素材に使用される革の種類も色々ありますが、加工によっても味わいが変わります。


基本的な加工法はナッパで、表面がツルツルとした印象になります。ただし、レザージャケットの魅力は着古した感じなので、わざと色むらを出すためにオイル加工をすることが多いようです。


さらに、古着感を演出するため、アンティーク加工や製品染めをします。また、わざと水洗い加工をしてシワを出す場合もありまし、革の内側をサンドペーパーなどで、わざと毛羽立たせるスエード加工も人気で、これは、レザージャケットだけではなく、靴やバッグなどの素材としても人気があります。


レザージャケットの最初の1着を選ぶなら、やはり黒レザージャケットを選びたいところですが、ライダースやテーラードなど、デザインによっても雰囲気は違ってきます。
組み合わせの王道としては、やはりブルーデニムパンツでしよう。ビンテージジーンズでもインナーにシャツを組み合わせると、あまり着崩し過ぎずに済みます。


キャメルカラーのレザージャケットに白のパンツを組み合わせると、シックな印象になります。


レザーというとハードなイメージがありますが、下に合わせるパンツによってはカジュアルにもシックにも着こなすことができます。


投資における手数料(コスト)の削減
  


Posted by privresy at 08:56Comments(0)ファッション

2015年06月22日

育毛に良いシャンプーは?

発毛促進剤を使って育毛に励んでいる期間は、特にシャンプーにも気を遣いたいところです。
一概にシャンプーと言っても、その種類は様々で合成シャンプー、石鹸シャンプー、アミノ酸系シャンプーなどがあります。
まず合成シャンプーですが、よくドラッグストアやスーパーなどでお目にかかります。高級アルコール系シャンプーという言い方もします。その特徴は泡立ちが良く洗浄力が強いということです。このため、必要な皮脂まで取ってしまうことが多々あります。そうすると体は油分を補おうとし、これが毛穴の皮脂詰まりを起こします。このため、育毛剤も奥まで浸透しにくいという現象が起こるため、使用はお勧めできません。
石鹸シャンプーは、特徴は赤ちゃんでも使える天然成分で作られたもので、
敏感肌の方などに支持されている頭皮にやさしいシャンプーです。しかし、これも洗浄力は強めですので、合成シャンプーと同じく皮脂詰まりを起こす可能性があるため、あまりお勧めできません。
アミノ酸系シャンプーが一番のお勧めです。特徴は上記の2つと違い、洗浄成分の界面活性剤にアミノ酸系の成分を使用している点にあります。洗浄力も丁度良くてお肌にもやさしいです。
もう一つポイントとなるのが「シリコン」です。これは、痛んだ髪をコーティングしたりするものです。
シャンプーの洗い流しが不十分だったりすると、このシリコン成分が毛穴周りに付着して育毛剤の浸透を妨げる要因にもなります。
このため、最近では、ノンシリコンで販売されているものが多くなってきました。洗浄力もそこそこあり、髪にやさしいですし保湿性に優れている、ノンシリコンのアミノ酸系のシャンプーが最も適していると思います。


食事と肝機能低下


  


Posted by privresy at 10:55Comments(0)育毛

2013年12月17日

安全なジュニアシートを選ぶには

日本では、6歳未満の子どもにチャイルドシートの使用が義務付けられています。赤ちゃんの頃はしっかりとチャイルドシートをしてガードしますが、1歳を過ぎるころになると、嫌がって泣くからとか、抱っこすれば大丈夫などの理由で、年齢が上がるにつれ使用率は低下していき、5歳にもなると、その使用率はわずか30%というのが現状です。
実は、これが万が一交通事故が起きたときに、子どもを生命の危険にさらすことになるのです。たとえチャイルドシートを卒業しても、大切な子どもを事故の衝撃から守るために、成長に見合ったジュニアシートでしっかり守ってあげましょう。
自動車事故被害において、死亡重傷率が最も高い衝突方向は「前面衝突」ですが、その次に高いものが「側面衝突」なのです。
6才未満の子供の事故の死亡重傷要因の実に4人に1人が「側面衝突」事故によるものなのです。
「前面衝突」の場合、座席から前座席まで、ある程度の空間がありますが、「側面衝突」では、衝突された側に座っていると、その衝撃が直接伝わることになりますので、「側面衝突」は、とても危険な交通事故なのです。
ジュニアシートを選ぶにあたっては、「前面衝突」は当然のこととして、「側面衝突」にも備えた高い安全性能を発揮するものを選ぶことが大切です。

ダイエットで無理な食事制限は逆効果

  


Posted by privresy at 13:40Comments(0)育児