2017年12月29日

レザージャケットの加工法と合わせ方

レザージャケットは素材に使用される革の種類も色々ありますが、加工によっても味わいが変わります。


基本的な加工法はナッパで、表面がツルツルとした印象になります。ただし、レザージャケットの魅力は着古した感じなので、わざと色むらを出すためにオイル加工をすることが多いようです。


さらに、古着感を演出するため、アンティーク加工や製品染めをします。また、わざと水洗い加工をしてシワを出す場合もありまし、革の内側をサンドペーパーなどで、わざと毛羽立たせるスエード加工も人気で、これは、レザージャケットだけではなく、靴やバッグなどの素材としても人気があります。


レザージャケットの最初の1着を選ぶなら、やはり黒レザージャケットを選びたいところですが、ライダースやテーラードなど、デザインによっても雰囲気は違ってきます。
組み合わせの王道としては、やはりブルーデニムパンツでしよう。ビンテージジーンズでもインナーにシャツを組み合わせると、あまり着崩し過ぎずに済みます。


キャメルカラーのレザージャケットに白のパンツを組み合わせると、シックな印象になります。


レザーというとハードなイメージがありますが、下に合わせるパンツによってはカジュアルにもシックにも着こなすことができます。


投資における手数料(コスト)の削減



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。